歯列矯正ガイド TOP → 歯列矯正のタイミング 成人期の矯正

成人期の矯正

成人期の矯正では、親知らずや虫歯での抜歯などの影響を軽減する簡易なものがあります。また、この時期からの大幅な治療は顎骨の成長は止まっているため、抜歯や手術による治療が多いでしょう。顎骨の成長によって上顎と下顎のバランスを取るという方法は、第二次成長期までしか行えず、それ以降の成人期は成長を見越した治療は残念ながら行えないのです。

それでも、矯正器具などを使用して歯列矯正を行うことは出来ますし、成人だからと歯列矯正をあきらめる必要はありません。むしろ歯並びが気になり始めるのは成人からという方もいらっしゃいますし、ここからの治療を望む方も増えてくるくらいです。第一次成長期・第二次成長期のお子様にはその時期に適した矯正方法が、成人期の方には成人期の方に適した矯正方法があるのです。

たとえば親知らずが不自然な伸び方をしているのに放置していると、虫歯などのリスクは高まります。しかしそのときの歯並びによっては、この親知らずを抜くことが出来ないという状況も存在するのです。そういったリスクを低下させるために、最初に述べた親知らず・虫歯の抜歯による影響を軽減する簡易な強制も必要となるのです。

また成人期の矯正は子供の矯正とは違い、自意識による管理が出来るというメリットもあります。子供だと歯医者にいくこと自体を嫌がることもありますが、大人は嫌でも歯医者へ行く必要性というのを理解しています。自己管理の意識というのは、意外に大切なものです。


ランタス インスリン
ランタスのインスリンなら医療関係者向けの製品情報サイトで!

抱っこ紐
おんぶ紐・抱っこ紐ならオシャレでとても機能的なsun&beach!