歯列矯正ガイド TOP → 歯列矯正のタイミング 第一次成長期の矯正

第一次成長期の矯正

第一次成長期は、乳歯が永久歯に生え変わる期間で顎骨の成長期のため、骨格の矯正が可能で、主に永久歯が生えるスペースの確保や前歯の反対咬合の矯正に当てられます。また骨格の矯正が可能であることから、受け口という下あごが出っ張ってしまっている状態を矯正することも、第一次成長期ならば出来るのです。この時期の矯正は、後々にも関わってくる重要な矯正といえるでしょう。

受け口になってしまうと、発声などに悪影響が出ることもあり、また咀嚼が上手く出来なくなるなど、歯並びが悪いことと同じような悪影響が出てきます。第一次成長期というのは上顎を成長させる余地が残されている時期ですので、第一次成長期における受け口の治療というのは重要になってきます。上顎を成長させて受け口を治すというのが、最も負担が少なく自然な方法となるのです。

歯列矯正に関しても、永久歯が生えるスペースをきちんと確保するのは大切です。歯並びが悪くなる原因に関しては、この永久歯が生えるスペースというのが満足に取れていないというケースが多く、早いうちからそれに対処できるのは思った以上に重要となるでしょう。第一次成長期から歯列矯正を行えるということは、これから生えてくる永久歯をケアするためにも非常に役立つのです。

第一次成長期での歯列矯正は、受け口への対処の点でも重要ですし、これから生えてくる永久歯のためにも必要となるため、非常に重要であるのは確かなことといえます。


アンカロン注
アンカロン注なら医療関係者向けの製品情報サイトで!

代筆
代筆なら書道サービスで!

富士宮市の解体工事
http://www.ec-center.co.jp/