歯列矯正ガイド TOP → 歯列矯正のタイミング 歯科矯正の時期

歯科矯正の時期

矯正治療開始時期は主に六歳までの幼児期・十三歳までの第一次成長期・十八歳までの第二次成長期・それ以降の成人期に分けられます。矯正治療の開始に関しては早いほど良いとも言いますが、実のところあまり早すぎても問題なのです。例えば永久歯が生えきっていない状態で行うようであれば、ある意味では無駄にもなりかねない、ということもありうるのです。

とはいえ、幼児期に行う歯列矯正は、歯そのものに対する矯正ばかりではありません。例えばすでに顎の形に問題が見られる場合や、噛み合わせに問題がある指しゃぶりなどといった悪癖を矯正するのも、歯列矯正の立派な対応策の一つです。詳しくは当サイトにある「幼児期の矯正」のページで紹介しておりますので、是非そちらも合わせてご覧になってみてください。

基本的に永久歯は十二歳前後で生えそろうものとされています。個人差はありますが、大体においてその頃には、それから先どういった歯並びかも分かるようになるでしょう。もちろん、これより少し前の時期における診断でもある程度の予測は出来ますし、早めの診断が無駄になることはありません。しかし永久歯の生えそろった十二歳前後に、一度歯並びを診断してもらうのも悪くはないでしょう。

歯列矯正は時期をみて、まずは診断を受けることから始めましょう。診断自体はどれだけ早くても悪いことはありませんし、子供の歯並びを予測するためには、効果的であるとさえ言えるのです。


ランタスソロスター
ランタスソロスターなら医療関係者向けの製品情報サイトで!