歯列矯正ガイド TOP → 歯列矯正によくある質問 差し歯

差し歯

基本的には差し歯があっても歯列矯正は可能です。もちろん差し歯だけでなく、似たような性質を持つインプラントでも同様です。また大人になってからの歯列矯正の治療も可能ですので、もし大人になってから歯列矯正を望まれるというのであれば、歯科医に相談しに行くのも良いでしょう。歯科医によっては無料で診断してくれるところもありますので、良く調べておきましょう。

しかし差し歯であれば行える歯列矯正も、入れ歯であれば難しいでしょう。部分入れ歯ならばその部分以外の歯列矯正は可能となるかもしれません。とはいっても、入れ歯をする部分というのは基本的に歯並びを整えられますので、そこに歯列矯正は必要ないでしょう。それ以外の部分には歯列矯正の必要が出てくるかもしれませんが、しかし担当医の判断次第では行われないこともあります。

差し歯を利用しながらの歯列矯正を行う場合、まずは差し歯をしていることを担当医に伝え、それでいて自分自身の望む歯列矯正を行えるかどうか相談する必要があります。差し歯があっても歯列矯正が行えるとはいえ、状況によってはやはり出来ないこともありますので、担当医との綿密な打ち合わせは必要となるのです。これを怠ると、思わぬトラブルが起こってしまうこともあるでしょう。

差し歯があっても歯列矯正を行えることは多いですが、それでも状況によりますし、担当医と良く相談する必要はあるでしょう。少しのトラブルでも、避ける努力はするべきなのです。

歯列矯正によくある質問


ブンデスリーガ 動画
ブンデスリーガの動画ならサッカー動画ダイジェストマガジン