歯列矯正ガイド TOP → 歯列矯正の影響 スポーツへの影響

スポーツへの影響

歯列矯正によって、スポーツにも良い影響が出ることもあります。例えば、思い切り力を入れるときなど、人は歯を食いしばることがあります。これはスポーツ選手に関しても同じことが言えます。ここぞという時に力を入れるとき、うまく歯を食いしばれなければ力は入りにくいものです。歯列矯正をして歯並びを矯正することで、より力を発揮することができるようになるケースもあるようです。

スポーツ選手は歯並びが良く、歯自体も真っ白であるということは良くあります。これは歯並びが良いため虫歯のリスクが低く、歯も健康な状態であることが多いということでしょう。もちろん、誰もがそうではありませんし、タバコを吸う方などは黄ばんでいることもあるでしょう。しかし歯並びの良さがスポーツへ及ぼす影響は少なからず認められており、スポーツ選手の方で歯列矯正を実践している方も多いのです。

とはいえ、スポーツは運動神経や身体能力もかかわってきますので、歯並びが良いからとそれだけでいきなりスポーツ万能になるわけではありません。特にスポーツというのは反復練習などが必要となるものも多く、素質の面が関わってくる場合も少なくないのです。スポーツへの影響に関して、歯列矯正をあまり過信しないようにしましょう。

歯列矯正はスポーツにも良い影響を及ぼしてくれることもあります。しかしそれはあくまで副次的なものと考え、それだけでスポーツ万能になれるわけではないことを理解しておきましょう。