歯列矯正ガイド TOP → 歯列矯正の種類 リテーナー

リテーナー

リテーナーという、これまでの金属製の固定装置を外した後でも元に戻らないようにする装置があります。これは自分でとり外しができるものと、歯科医師が取り外しを管理するタイプのものがあります。自分で着脱を決定しても良い程度であれば前者を、歯科医師が取り外しを管理する必要がある場合は後者と、診断次第で必然的に決まってくるでしょう。

リテーナーに慣れていない初期の段階だと、口の開閉がいまいちスムーズにいかないなど、色々な問題が出てきます。こういった問題は基本的に初期の段階を過ぎれば落ち着いてくるものですが、使用者にとっては不安も覚える方は多いでしょう。しかしこういった少しの違和感というのも、主治医が状況を判断するために必要な情報ですので、定期診断のときなどは詳しく伝えるようにしましょう。

また、リテーナーはデリケートな装置で、非常に壊れやすい側面を持っています。例えば自分での取り外しが可能なものを使っているとき、ポケットに放り込むなどつい乱暴に扱ってしまうと、いつの間にか壊れてしまっていることもあるのです。壊れてしまった場合は早めに修理し、きちんと使えるようにしなければなりません。また装着中はガムのような粘着性のものは食べないほうが賢明です。

リテーナーは慣れるまで違和感があり、喋る・食べるなどといった行為が難しくなることも多いです。慣れるまでの辛抱ですが、しかし痛みが強く生じる場合は、再調整の必要があるでしょう。


ディレグラ 効果
ディレグラの効果なら医療関係者向けの製品情報サイトで!

横浜や川崎のリノベーション
http://www.mitsuhashi-kikaku.co.jp/