歯列矯正ガイド TOP → 歯列矯正の種類 大臼歯バンド

大臼歯バンド

大臼歯バンドといって、歯科用接着剤によって歯の表面に接着するものがあります。通常はバンドと呼ばれる金属製帯環にブラケットを使います。これはいわゆる固定装置のようなもので、その名の通り大臼歯にはめ、歯列矯正を行う方法です。前歯などにバンドをはめるのではあまりに目立つため、比較的ですが目立ちにくい大臼歯にバンドをはめるのです。

大臼歯バンドは非常に丈夫であるため、大きな圧力のかかりやすい奥歯部分(大臼歯)にはめても、そう簡単に壊れることはありません。他にも虫歯の治療などを行う際、なかなか装置を接着しにくい歯というのも存在するのですが、そういった歯に対しても使えるので応用が利きます。少しばかり大きめの装置ですので、使用前後で違和感が出てくるかもしれませんが、徐々に慣れていくでしょう。

とはいえ歯にも神経は通っていますので、金属製のバンドを装着した際、少なからず痛みを感じてしまう方もいらっしゃいます。しかも丈夫であるとはいえ固定装置ですので、ガムのような強い粘着質を持ったものを思い切り噛んでしまうと、はずみでバンドが外れてしまうこともありうるのです。もちろん、通常の食事などでそういったことが起こるケースは少ないですが、出来る限り気をつけたほうが良いのは確かでしょう。

大臼歯バンドは目立ちやすい前歯には使用しないため、大臼歯バンドと呼ばれています。大掛かりな装置にも見えるためそれなりに痛みが沸くかもしれませんが、丈夫で使いやすい矯正器具です。


静岡 解体
静岡で解体を依頼するならイーシーセンターで!

ティアモ カラコン
ティアモのカラコン通販サイト